2017/12/04 2020年東京オリンピックが生み出す人材ニーズ予想




2020年までに81.5万人の人材ニーズが生まれます。
最多の人材ニーズが発生するには、オリンピック開催年の2020年。

その1年だけで26万人の新たな雇用が生まれる可能性があります。

一方で、2017年10月31日時点の有効求人倍率、有効求職者数に対する有効求人数の割合が、1.52倍となっており、既に働き手が足りない状況に陥っています。

オリンピック特需が予想される、建設業界の他、サービス業、医療福祉、卸売・小売り業、製造業なども、2020年以降深刻な人手不足が懸念されます。

更に人手不足に拍車をかけるのが、労働人口の減少です。

2015年を境に人口が減少する一方で、労働人口の大半を占める5年おきに300万人以上の減少が予測されています。

その勢いとはとどまる事無く、2060年までに、計4,000万人もの労働者が減少します。

時代の変化についていけない企業は、今後ますます「人材採用」の課題に頭を悩ませてしまう事でしょう。

弊社ではダイレクトリクルーティングという新しい採用戦略を提案しています。実際に採用に成功したお客様の事例は以下からご覧になれます。
採用サイト制作実績
 

PAGE TOP