2018/02/05 増え続ける求人媒体

優秀な人材が欲しいというのはもちろん、
必ずしも幹部候補でなくても、しっかり仕事をしてくれる人が欲しい。
そんな当たり前の願いすら、叶わなくなってきている現状があります。

それは逆に、採用を生業としている媒体からすれば、格好の営業チャンスでもあります。
人が来ないから媒体を頼る。もしかしたら当たり前と思われるかもしれませんが、
逆に媒体を作れば契約が取れてしまう、そんな現状も同時に生み出してしまっています。

上の画像をご覧ください。
画像の左のほうの媒体は、皆さんも一度は見られたことのある媒体なのではないでしょうか。
しかし、これらの媒体から人がいなくなってしまった結果、
別の総合媒体に求職者が流れていたり、
業種や職種に特化することにより、一部の求人だけを大量に扱う媒体が登場し、
結果として、ひとつの媒体が取り扱う求職者の数は減ってしまっている現状があります。

求人市場自体が、右肩下がりの中、
これだけ多くの媒体が増えてしまうと、個々の良し悪しというレベルではなく、
そもそも限られた求職者をお互いに分かち合ってしまう、
痛みわけの状態になってしまっていると言わざるを得ません。

このような状態では、たとえ同じ金額で全く同じことをしようとも、
以前と同じだけの応募を媒体経由で獲得してくるのは、難しいという現状も、
自ずと見えてくることでしょう。

PAGE TOP