2018/02/13 コーポレートサイトと採用サイトの違い

「コーポレートサイト」と「採用サイト」、
いずれも同じ「サイト」です。
名前こそ違うものの、そのじつ何が違うのでしょうか。

ここでひとつ例えてみましょう。
「日本語」と「英語」、
いずれも同じ「言語」です。
しかし皆さんは、「日本語」と「英語」は決定的に違うものだと
断言できるはずです。なぜ断言できるのでしょうか。

これは、すなわち、
「日本語」は日本人に向けた言語
「英語」は日本人以外に向けた言語
だからという理由に他なりません。

何か事実を伝えるとき、利用するものは「言語」で、
ここに関しては相違はありません。
ただし、それを伝える相手が誰かによって、
言語の中でもどの言語を利用するのか、変えなくてはなりませんよね。


これと同じことが「サイト」にもいえます。
サイト閲覧者に情報を伝えるとき、利用するものは「サイト」で間違いないですが、
相手が「消費者」=提供する商品の情報が知りたい場合は、コーポレートサイト
相手が「求職者」=採用に関する事項・安心できる会社か知りたい場合は、採用サイト

といった風に、
誰に対して伝えるのか、をしっかりと考慮したとき、
日本語と英語のように、伝える先の方にとって
最も適当な言語をピックアップしてあげるというのは、
非常に有効な、もしかすると当たり前のことになっていくことでしょう。

PAGE TOP